ミステリー・ホラー

ネタバレ&感想『名前のない怪物-蜘蛛と少女と猟奇殺人-』美しすぎるサスペンスホラー漫画

名前のない怪物
タイトル名前のない怪物
巻数1巻
価格745円
詳細名前のない怪物を無料で読む
著者原作:黒木京也、漫画:万丈梓

『名前のない怪物-蜘蛛と少女と猟奇殺人-』美しすぎるサスペンスホラー漫画のネタバレ感想

 

原作小説は第5回ネット小説大賞にてメディア賞を受賞している大人気作であり、そのコミカライズとしてLINEマンガで連載されている『名前のない怪物-蜘蛛と少女と猟奇殺人-』というサスペンスホラー漫画。

突如現れた主人公の身体を侵食する美しい蜘蛛の怪物と次々起こる猟奇殺人事件の真相を巡り、一度読み始めたら、その魅力に捕らわれて逃れることができない名作となっています。

そんな美しすぎるサスペンスホラー漫画の『名前のない怪物』のあらすじや登場人物、見どころをネタバレや感想を含めてご紹介していきます。

 

大人気小説のコミカライズである『名前のない怪物』のあらすじ

名前のない怪物のタイトルロゴ引用:名前のない怪物

ネット小説大賞で受賞しただけでなく、紀伊國屋書店新宿本店・梅田本店で文庫・週別ベストセラー1位を獲得しており、さらに「続編を希望する」と答えた人が92%もいる大人気作品である『名前のない怪物』のあらすじや設定をはじめにご紹介していきます。

作品の設定や概要

設定として、主人公の遠坂レイの家に突如現れた美しい蜘蛛の怪物は、毎日レイの血を吸っていて、さらにレイの体内に「何か」を流し込んでいる。

そして、レイが家から逃走しようとしても謎の力で体を操り部屋に戻したりできる上に、怪物は家から追い出しても次の瞬間には家の中に戻ることができる。

しかし、レイ以外の他の人の気配を察知すると隠れる性質を持っている。

あらすじ

故郷を離れ1人暮らしをする主人公レイはある夜に家で大きな蜘蛛を見かけ、その日以来蜘蛛の気配を常に感じるようになる。

それから突然、美しい少女の見た目をした正体不明の蜘蛛の怪物が家に住むようになった。怪物は毎日レイの血を吸い、そして「何か」をレイの体内に流し込んでいく。

そんな正体不明の怪物の出現と時を同じくして、周りで連続猟奇殺人事件が巻き起こる…。



美しい怪物が現れる『名前のない怪物』の主な登場人物

『名前のない怪物』では、美しいが底知れぬ闇を持ったキャラクターが登場します。エロスと不気味さを持つ登場人物たちをご紹介していきます。

遠坂レイ(とおさか れい)

名前のない怪物の遠坂レイ(とおさか れい)引用:名前のない怪物

みんなから愛されるような兄を持っていて、兄はレイをかばって通り魔に殺されている。

自分よりも期待されていた兄が亡くなり、親からも自分だけが助かったことを責められいるため自分自身を責めるようになる。そのため、人見知りで暗い性格になった。

故郷を離れ1人暮らしを初めてから、家に謎の蜘蛛の怪物が現れるようになる。

米原侑子の見た目の怪物(まいばら ゆうこ)

名前のない怪物の米原侑子の見た目の怪物(まいばら ゆうこ)引用:名前のない怪物

白鷺女学院2年生の女の子。米原侑子は脳を含むすべての臓器が持ち去られる事件で死亡している。

レイの家に現れ、毎晩血を吸い、さらにレイの体内に「何か」を流し込む。蜘蛛の糸を操ったり、相手の体を勝手に動かす力がある。また蜘蛛も自由に動かすことができる。

レイの家から追い出されても次の瞬間に家の中に戻っていたり、レイが家から出ようとしても謎の力で部屋に戻すことができる。

山城京子(やまじょう きょうこ)

名前のない怪物の山城京子(やまじょう きょうこ)引用:名前のない怪物

レイの彼女。家から出てこないレイのことを心配して家に来たり、朝ご飯を作ろうとするなど優しい性格をしている。レイのことが大好き。また非日常的なことが好き。



阿久津純也(あくつ じゅんや)

名前のない怪物の阿久津純也(あくつ じゅんや)引用:名前のない怪物

暗く人見知りなレイに対しても明るく振舞い、いつも気にしている優しい友達。コーヒーが飲めない。スポーツをしているため筋肉質の良い体をしている。

藤堂修一郎(とうどう しゅういちろう)

名前のない怪物の藤堂修一郎(とうどう しゅういちろう)引用:名前のない怪物

山城京子と同じ美術専修の人物。死や破壊は生と創造の象徴であると考えているため、強烈な死と破壊を作品に手掛けることが多い。

小さい頃から動物を解体するのが好きであり、親からはしつけと称して虐待に等しい量の勉強で支配されていた。

小野大輔(おの だいすけ)

名前のない怪物の小野大輔(おの だいすけ)引用:名前のない怪物

レイの叔父の刑事。連続猟奇殺人事件を追っている。レイに事件の詳細を明かしたりもしている。



美しすぎるホラーに魅了される『名前のない怪物』の見どころ3選(ネタバレあり)

美しさと不気味さに溢れていて、1度読んだら魅了され『名前のない怪物』から逃れられなくなるサスペンスホラーの見どころをここではご紹介していきます。

美しくも不気味な怪物の同居人

名前のない怪物の美しくも不気味な同居人引用:名前のない怪物

『名前のない怪物』では、主人公レイの家に突如現れた美しい少女の姿をした正体不明の怪物の存在が見どころです。

内臓が食い散らかされた死体となって発見されたはずの米原侑子という人物の見た目をした蜘蛛の怪物は、毎日レイの血を吸って、さらにはレイの体内に「何か」を流し込んでいきます。

さらにはレイの身体を操ったり、蜘蛛を操ったり、瞬間移動をしたりと特殊な力を持っていて、蜘蛛の怪物がレイになにをしているのか?そして、怪物の正体はなんなのか?といったような謎を読者に与えています。

美しくも正体不明で不気味な怖さを持っている怪物の存在が底知れぬホラーさを演出しているので、是非注目してもらいたいです。

次々起こる猟奇殺人事件

名前のない怪物の猟奇殺人事件引用:名前のない怪物

また『名前のない怪物』では、次々起こる猟奇殺人事件も注目ポイントです。

重機によって死体がペシャンコになった殺人事件から始まり、内臓が全て持ち出された事件や他にも四肢が切断され達磨でも飾るかのように安置された事件など猟奇的すぎる殺人事件が連続で起こります。

さらに2人目以降の事件では全て内臓が持ちされれているという狂気さに読んでいて鳥肌が立ってしまうほどです。

そして、徐々に主人公のレイに近づく犯行に読者も一緒になって恐怖することできます。

予想を覆される事件の真相

名前のない怪物の猟奇殺人引用:名前のない怪物

読者の予想を斜め上を行く衝撃的な事件の真相も『名前のない怪物』では見どころとなっています。

事件の被害者の見た目をした怪物が現れ、事件の被害者が徐々に加速度的に主人公のレイの近くで起こりだす不気味な展開を生むストーリーですが、事件の意外な真相に読んでいて開いた口が塞がらなくなってしまいます。

真相に衝撃を受け読み直してみると、たしかに伏線となる個所が散りばめられているため、日常に潜む狂気の存在にただただ驚かされます。

このマンガの原作である小説は、日本最大級の小説賞である「第5回ネット小説大賞」でメディア賞に輝いていますし、新感覚のサスペンスホラーを楽しむことができるので、是非がご覧になってみてください。



衝撃の結末をもたらす『名前のない怪物』はこんな人におすすめ

名前のない怪物の怪物引用:名前のない怪物

『名前のない怪物』は、ミステリー・ホラー・サスペンス好きの方には特におすすめの作品となっています。

美しくエロスを醸し出す謎の蜘蛛の怪物の登場から始まり、それと同時に巻き起こる不可解な猟奇殺人が、物語に美しい不気味さを施し、読者を魅了し続けてくれます。

死体となって発見された美しい少女の見た目をした怪物に捕らえられた主人公のレイと同様に、読者も『名前のない怪物』に捕らえられて続きを読まずにはいられなくなる漫画なのです。

ストーリー構成や美しい人物描写、どんでん返しのある衝撃の事件の真相など1度だけでなく2度3度読んでも楽しいサスペンスホラーとなっているので、是非ご覧になってみてください。



管理人の思う『名前のない怪物-蜘蛛と少女と猟奇殺人-』が伝えたいこと(感想)

名前のない怪物のレイと怪物引用:名前のない怪物

『名前のない怪物』では、人の思いもよらない怪物が身近に潜んでいることをほのめかしているように感じられます。

主人公のレイの前に突如現れる蜘蛛の怪物に、レイの周りで巻き起こる連続猟奇殺人事件からは普通の人とは全く違った力を持つ怪物や普通の人とは全く違った狂気的な考えを持った人々が近くに存在していることを表現しているように思えるのです。

『名前のない怪物』は、そんな狂気な人物たちを美しく、そして驚きと恐怖とともに表現していて、読んでいて魅了されながらも恐怖を与えられる不思議な作品となっています。

是非この記事をご覧にあなたも、この美しい狂気を味わってみてください。

>>『名前のない怪物』はLINEマンガから無料で読むことができます!


この作品を読んでみたいけど、お金をかけて読む自信がない…。

という方は下のページで紹介しているサービスを利用すれば、約6巻ほどの漫画を無料で読むことができます。

素敵な漫画との出会いがお金で妨げられるのはもったいないので、是非サービスを利用してお金をかけずに漫画を読んで楽しんでみてください。


>>マンガ約6冊分が無料で読めるお得すぎるサービスはこちらから!