未分類

『渋谷金魚』金魚と人類の慈悲なき生存競争!あらすじや感想をネタバレ紹介

渋谷金魚の表紙

『渋谷金魚』金魚と人類の慈悲なき生存競争!あらすじや感想をネタバレ紹介

 

「この金魚、人を喰います」という強烈なキャッチコピーで反響を呼び話題となっている『渋谷金魚』というパニックホラー漫画。

渋谷に突如発生した大量の金魚が人を喰って喰って喰いまくる展開に、読んでいる人も叫ばずにはいられない作品となっています。

まだ読んだことがない人にも、読んだことがある人にも『渋谷金魚』の魅力を伝えるためにあらすじから登場人物、見どころまで感想を含めてご紹介していきます。

 

人喰い金魚が日常をぶち壊す『渋谷金魚』のあらすじ

渋谷金魚引用:渋谷金魚

金魚が人を喰うという衝撃展開で話題を呼んでいる『渋谷金魚』の概要やあらすじをお伝えします。

作品の設定や概要

  • 著者:蒼伊宏海
  • 出版社:スクウェア・エニックス(ガンガンコミックスJOKER)
  • ジャンル:パニックホラー、ミステリーサスペンス

渋谷に現れた大きい金魚も小さい金魚もとにかく人を喰いまくる、未曽有の大パニックを描き、人類と金魚の生存競争と物語ったパニックホラー漫画。

あらすじ

人口約22万人。様々な文化の流行を配信する「若者の街」祝日には300万人が往来し新宿・池袋と並ぶ三大副都心の1つ。そんな大都市「渋谷」に突如謎の巨大金魚が現れ、人間を食べ始め、日常は音を立てて崩れ落ちる。

金魚によって壊されていく渋谷に残ったすべての人間たちの戦いの物語が始まる…。



主人公なし!?『渋谷金魚』の主な登場人物(ネタバレあり)

主人公がいないというよりも、物語の騒乱に遭遇した登場人物全員が主人公である『渋谷金魚』。1人1人にストーリーが隠されているので登場人物全員に注目してください。

月夜田初(つきよだ はじめ)

渋谷金魚の月夜田初引用:渋谷金魚

私立珀水高校の2年生。趣味は映画鑑賞と撮影。特に大きな悩みもなく、特に刺激のない毎日を過ごしていたが、金魚の登場で日常が一変した登場人物。何度も死にかけるが強運と機転をきかせて、苦境を乗り越える。

仲間思いで自分の命よりも仲間を優先することがよくある。

碓氷アリサ(うすい ありさ)

渋谷金魚の碓氷アリサ引用:渋谷金魚

アイドル魂に溢れ、駆け出しアイドルとして活動している『渋谷金魚』のヒロイン。ファンの小学生の女の子からもらったシュシュを命よりも大事にしていて、待っているファンのために生きて帰ることを誓っている生粋のアイドル。

どんなに回りが弱音を吐いても諦めず、勇敢に立ち向かい、さらに仲間思いで優しいキャラクター。

渋谷の貂(しぶやのてん)

渋谷金魚の渋谷の貂引用:渋谷金魚

渋谷の伝説にまでなっている渋谷最凶のホームレス。「夜な夜なナタで人を切り殺す」や「食べ物をあげるとなんでもひとつお願いを聞いてくれる」などの噂をされている。

貂は渋谷を熟知しているため何でも武器に変えることができ、ヤクザ相手でも1人で戦えてしまう。また、たった1人で金魚たちを殺しまくるほどの身体能力と力の持ち主で、金魚たちからも恐れられている。

そして、貂は渋谷の金魚を皆殺しすることを考えている。

弓岡知花(ゆみおか ちか)

渋谷金魚の弓岡知花引用:渋谷金魚

人よりも知的好奇心が旺盛な大学の研究員。魚類行動生態学を先行しているため、金魚の習性に詳しい。金魚を楽しく解剖して研究している。

貂に拉致されて、金魚を皆殺しするために研究に協力している。

男山美桜(おとこやま みお)

渋谷金魚の男山美桜引用:渋谷金魚

金魚に親友2人を食べれたギャル。おバカだが仲間思いで、友達を助けようとした月夜田初と碓氷アリサには協力的。趣味はショッピングとバッティングセンターで周りからは「みおっち」と呼ばれている。

アルビノ土佐錦魚(あるびのとさきん)

渋谷金魚のアルビノ土佐錦魚引用:渋谷金魚

物語のカギを握るであろう金魚のボス的なキャラクター。常に周りに金魚を従えて、自分を守らせている。貂のことは恐れているためすぐに逃げるが、他の人間には積極的に襲い掛かる。「009」を拠点に活動している。



読者の感情を揺さぶる展開の嵐である『渋谷金魚』の見どころ3選(ネタバレあり)

『渋谷金魚』は何度も読者の期待を裏切る展開で、読者の感情をひたすら揺さぶってたのしませてくれます。そんな『渋谷金魚』の特に注目してほしい見どころを紹介していきます。

絶望的な状況の連続

渋谷金魚の月夜田の飛び降りシーン引用:渋谷金魚

『渋谷金魚』は何度も何度も登場人物たちが絶望的な状況に陥ります。金魚たちの眠っている隙に音を立てずに通り過ぎるはずが、失態を犯した人間のせいで大勢の金魚たちに見つかったり、救助用のヘリにたどり着いたと思ったのに、金魚にヘリが食べられてしまったりととにかく読者にも何度も絶望感を与えます。

読んでいて、「もう絶対無理だろ…」という状況が連続しながらも起死回生の一手で、紙一重で生き延びるキャラクターたちに大きく感情を揺さぶられます。

良い意味での読者の期待を何度も裏切り、ドキドキ楽しませてくれる展開にあふれているので、絶望的な状況も見どころとなっています。

進化する金魚たちの恐怖

渋谷金魚の金魚が生まれるシーン引用:渋谷金魚

金魚の最大の特性である「突然変異」による進化により、金魚たちがより強くなる恐怖は単調な殺戮の物語ではなく、予測不可能なストーリーを生むため、読者を楽しませてくれます。

夜が弱い金魚たちが弱点を克服しだしたり、温度差にも対応できる個体が現れたりと恐怖が増していくなか、主人公たちがどのように危機を乗り越えるのか目が離せません展開が盛りだくさんです。

登場人物たちの戦い

渋谷金魚の貂の戦い引用:渋谷金魚

それぞれが大切な人や日常を失いながらも協力しながら立ち向かう姿は見どころの1つです。この作品には決まった主人公が存在せず、渋谷で生き残った人間すべてが物語の主人公となっています。

そして、それぞれの登場人物たちには特有のエピソードがあり、悲しみを乗り越えて戦う姿は感動必須です。

是非、登場人物1人1人に注目して物語を楽しんでもらいたいです。

>>『渋谷金魚』をお得に読みたい方はこちらから!



『渋谷金魚』は刺激を求めている人に特におすすめ

渋谷金魚の大量の金魚引用:渋谷金魚

退屈な日常に飽きて刺激を求めている方には『渋谷金魚』はおすすめです。予測不可能な展開に、絶望的な状況の連続のストーリーには、読んでいて興奮すること間違いなしです。

リアルなグロテスクや恐怖を増幅させるようなコマ割りがとてもうまく、映画を見ているかのような臨場感で読める作品です。まるで自分が渋谷の中にいて、金魚から逃げているような、そして金魚に何度も殺されけるようなドキドキを味わうことができます。

グロテスクな描写も多く、恐怖の展開も感情を揺さぶられ心臓に悪いほどですが、刺激を求めている方にはハマること間違いなしです。是非ご覧になってみてください。

>>『渋谷金魚』をお得に読みたい方はこちらから!



管理人の思う『渋谷金魚』が伝えたいこと(感想)

渋谷金魚の貂のセリフ引用:渋谷金魚

『渋谷金魚』は自分で生きることの責任について伝えたいように思います。『渋谷金魚』では月夜田や貂はどんな状況でも自分の命を諦めず立ち向かって生き延びていきます。しかし、死んでしまうキャラクターは、自分の命を人に預けたり、諦めてしまう者たちです。

自分の命や考えに自分で責任を負って、全力で行動していくことの大切さをこの作品からは感じます。

また『渋谷金魚』ほどでないにしても、日常が突然変わってしまうことは生きていればよくあることです。そういった当たり前の日常の大切さも読み取れる素晴らしい漫画ですので、下のリンクから是非一度読んでみてください。

>>『渋谷金魚』をお得に読みたい方はこちらから!

また、U-NEXTというサービスを使うと無料で漫画が読めたり、9万本のアニメや映画やドラマ、韓流ドラマ、アダルト動画を見放題で楽しむことができるので、アニメ・漫画好きの方は是非ご利用ください。

利用しないことがもったいないほどのサービスとなっています!

>>【アニメ漫画好き必見】U-NEXT動画サービスが死ぬほどお得な理由とは?