記事本文を読む前のあなたへ

アプリで無料で読めるオススメ作品集!

(※それぞれの作品は、期間によっては配信が終了している可能性もございます。)
大人漫画の宝庫『マンガTOP1周年記念フェア
20」ものマンガアプリを徹底比較して、おすすめ順にランキングにまとめました↓↓↓
無料マンガアプリランキング

※注)
『漫画が酸素』書店に記載されている内容は、当サイトの管理人・記事作成者の個人的な見解によるものです。

作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。


また当サイトで掲載されている漫画のキャプチャは、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために、また解釈や批評を行うために引用させて頂いています。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項・プライバシーポリシーよりお問い合わせください。

ヒューマンドラマ

『ブルーピリオド』漫画のネタバレ感想|画家を目指す青年を描いた【マンガ大賞】作品!!

ブルーピリオド

目次

『ブルーピリオド』漫画のネタバレ感想|画家を目指す青年の葛藤を描いたヒューマンドラマ漫画!

 

成績優秀で世渡り上手なインテリヤンキーが、絵を描く楽しさに目覚め、芸術の世界で奮起していくヒューマンドラマ漫画『ブルーピリオド』。

『マンガ大賞2020』にて、みごと大賞に選ばれました。『マンガ大賞』とは、各界の漫画好き選考員が「今、この瞬間一番薦めたいマンガ」を選定して贈られる賞です。

つまり、『ブルーピリオド』は、今この瞬間に必ず読むべきオススメ漫画と言えるでしょう!

ストーリーの中で特別盛り上がる見せ場的なシーンはあまりないのですが、淡々と青年が絵と向き合う姿にふごくリアリティがあって、こんなに心に突き刺さるヒューマンドラマ漫画は初めて読んだ!と思うほどでした。

壁にぶつかって悩みながらも努力する姿に心打たれるヒューマンドラマ漫画『ブルーピリオド』のあらすじや登場人物、見どころをネタバレや感想を含めてご紹介していきます。

 

インテリヤンキーが藝大合格を目指す!『ブルーピリオド』のあらすじ

ブルーピリオドの矢口八虎が中間テスト後に成績のことをクラスメイトと話しているところ出典:「ブルーピリオド」、著者:山口つばさ、出版社:講談社

今まで生きてきた価値観の壁をぶち壊して、芸術の世界に飛び込んだ主人公の苦悩と努力、成長を描いた漫画、『ブルーピリオド』の設定やあらすじをご紹介していきます。

イラストやアートなど、芸術の世界に触れたことがある人には、共感できるところがたくさんあると思います。

作品の設定や概要

  • 著者:山口つばさ
  • 出版社:講談社(アフタヌーン)
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 巻数:7巻(連載中:2020年4月14日現在)

 

設定としては、ヤンキーでありながらも成績優秀で世渡り上手な矢口八虎は、充実した毎日を送りつつも、何か手応えのない虚しさを感じていた。

そんなある日、忘れ物を取りに行った美術室で、美術部員の先輩が描いた絵を目にし心を奪われる。今まで感じたことのない興奮を感じた八虎は、美術の道に進むことを決意する。

絵と向き合うことで自分と向き合い、仲間と出会い、悩みや葛藤を繰り返しながらも美大最難関の東京藝術大学合格を目指すヒューマンドラマとなっています。

絵を描くことのノウハウや、美大生の将来の仕事のことなど、役に立つ豆知識がいくつもありますし、八虎が壁にぶつかっては足掻きもがく姿、葛藤がリアルですごく共感ができて面白い設定となっています。

あらすじ

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。

その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。

美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す!

引用)コミックシーモア



芸術爆発!独特な空気を放つ『ブルーピリオド』の主な登場人物

芸術漫画らしい個性が強い『ブルーピリオド』の魅力的な登場人物たちをご紹介していきます。

『ブルーピリオド』の登場人物たちは、個性は強いですが、キャラデザがぶっ飛んでるとかではないです。(「芸術家」のキャラデザってぶっ飛んでるの多いですよね。)

芯が強いというか、すごく人間臭くてリアルなところがとても魅力的です。実在モデルがいるのかなと思うほどです。そんなキャラクターたちのリアリティある魅力をお伝えできればと思います!

矢口 八虎(やぐち やとら)

高校2年生。身長173cm。7月5日生まれ。金髪でピアスをしている。

渋谷で未成年飲酒し、タバコを吸い、朝帰りをするヤンキーだが、ちゃんと勉強もしていて頭が良く、成績は優秀。クラスの陰キャラとも仲良くする世渡り上手。

充実しつつも手応えがない日々を送っていたある日、忘れ物を取りに行った美術室で、美術部員の先輩が描いた絵を目にしたことで、今まで感じたことのない衝撃をうける。

その後、絵を描く楽しさに目覚め、美術部に入部。元々根が真面目で努力家な性格なので、絵に向き合う中で自分と向き合っていく。

そして、予備校に通うなどして、美大最難関の東京藝術大学合格を目指して葛藤していく。専攻は油画科。

陸上競技とミント味が嫌い。

鮎川 龍二(あゆかわ りゅうじ)

八虎と同じ高校二年生でクラスメイトの美術部員。身長175cm。10月18日生まれ。あだ名はユカちゃん。(苗字のあゆかわからユカをとっている。)八虎には龍二と呼ばれている。

性別は男だが、髪が長く、学ランにスカート、ニーハイ姿で登校している女装男子。女子からも男子からも人気がある。バイセクシャル。

八虎と同じ美大受験の予備校に通う。専攻は日本画。

父、母、祖母と暮らしており、昔、祖母が日本画をやっていたという理由で日本画を専攻している。画家志望であることを父母には認められておらず、自身も悩んでいる。

橋本 世田介(はしもと よたすけ)

八虎と同じ美大受験の予備校に通う男子生徒。

油画専攻。身長163cm。9月19日生まれ。高校は橋田と同じで、特進コース。橋田にはセカイ君と呼ばれている。黒髪で両目の下にホクロがある。

絵においては技術も才能もあるが、コミュニケーションが苦手で、友達がいない。八虎の努力を認めつつも前向きな性格を疎み毛嫌いしている。東京藝術大学合格を目指す。

橋田 悠(はしだ はるか)

八虎と同じ美大受験の予備校に通う男子生徒。

油画専攻。身長189cm。2月5日生まれ。世田介と同じ高校で、美術コース。長い黒髪を2つに分けて三つ編みおさげにしている。姉が3人いる。

油画専攻のクラス分けで八虎と同じクラスになる。社交的で飄々とした性格で、積極的に声をかけていく。

人の作品を見るのが趣味で、美術館や展示会によく行っている。知識や理屈が先行しているタイプで、発想力はあるが絵力は弱い。多摩美術大学、東京藝術大学を志望。



桑名 マキ(くわな まき)

八虎と同じ美大受験の予備校に通う女子生徒。

油画専攻。身長161cm。4月23日生まれ。黒髪ミディアムヘアで癖っ毛。大食い。K-POPが好き。

基本的に明るい性格で絵は上手いが、家族全員が東京藝術大学の出身で、特に姉が現役主席合格していることをプレッシャーに感じている。東京藝術大学志望。

森先輩(もり)

八虎の美術部の先輩。身長147cm。12月31日生まれ。

小柄でほんわかした雰囲気の女生徒だが、絵に向き合う時の気迫はすごい。

八虎は森先輩が描いた天使の絵に感銘を受けて、美術の道を志す。「祈り」を込めて絵を描いている。武蔵野美術大学に進学するが、卒業後も八虎を気にかけている。

佐伯先生(さえき)

八虎が通う高校の美術部顧問。女性。身長165cm。6月7日生まれ。八虎を美術部に勧誘し、美大を目指し始めてからも様々なアドバイスをしていく。

大葉先生(おおば)

八虎が通う美大受験予備校の油画科の先生。女性。身長185cm。12月30日生まれ。

髪は黒髪おかっぱ、声が大きく豪快。八虎の予備校の担当教官で、様々なアドバイスをする。豊、伊織という2人の息子がいる。



八虎の父親

八虎の父親。野球好き。「学校の勉強ばかりしているとつまらない大人になるぞ」というような性格。

八虎の母親

八虎の母親。家族を大切に思っている。心配性で、「遊んでばかりいないで勉強しなさい」という性格。

歌島(うたしま)

八虎のヤンキー友達。身長178cm。3月28日生まれ。

ボサボサの黒髪にメガネをしている。将来の夢などは定まっていない。言葉を間違えて八虎に訂正されるなど、頭は良くない。

恋ヶ窪(こいがくぼ)

八虎のヤンキー友達。身長192cm。6月28日生まれ。身長も高く、見た目が怖い。

夢を諦めていたが、八虎の頑張っている姿を見て、専門学校を志す。あだ名は恋ちゃん。



純田(すみだ)

八虎のヤンキー友達。身長166cm。4月14日生まれ。就職志望。

サッカーが好きで呑み明かしてラーメンを食べた後はよく体調を崩す。頭は良くない。

海野(うみの)

八虎と同じ学年の美術部員の女生徒。6月1日生まれ。

眉が太く目が小さい、がっしりした体型をしている。美少女イラストが得意。美術部の夏休み自由課題ではフィギュアを制作する。大阪芸大を目指す。

白井(しらい)

八虎と同じ学年の美術部員の女生徒。上にはねたポニーテールでメガネをしている。イラスト系の専門学校を目指す。同人誌などが好きなオタクキャラ。

城田(しろた)

美術部員の後輩女生徒。髪が長くふわふわしている。美術部の夏休み自由課題で衣装を制作する。

岡田 さえ(おかだ さえ)

八虎が通う美大受験予備校で同じクラスの女子生徒。黒髪ショートヘアで前髪がぱっつん。おっとりしている。人に興味がある。女子美術大学志望。



石井 琢郎(いしい たくろう)

八虎が通う美大受験予備校で同じクラスの男子生徒。スキンヘッドでぽっちゃり体型のおにぎり顔。メンタルが弱い。武蔵野美術大学、東京造形大学、東京藝術大学を志望。

桜庭 華子(さくらば はなこ)

八虎が通う美大受験予備校で同じクラスの女子生徒。顔はかわいいが私服がロックで個性的。無口。東京藝術大学を志望。

後藤(ごとう)

八虎たちの担任の先生。芸術には興味がなく、お絵かき受験勉強と言うなど、嫌味な言い方をする。

坂本(さかもと)

高校2年の時の八虎のクラスメイト。二学期の中間テストで学年一位。八虎に勉強を教える。メガネをしていて口下手で照れ屋。

佐々木(ささき)

八虎と同じ美大受験の予備校に通う男子生徒。ユカちゃんに声をかけられ、美術館展でデートする。



大学生編

岡だいら

東京藝術大学の学長。

花陰 真里亞(はなかげ まりあ)

東京藝術大学の博士1年生。女性。

髪が長いく胸元が開いた服を着ている。昼からお酒を嗜んでいたところ、矢虎と遭遇する。三浪している。

三木 きねみ(みき きねみ)

東京藝術大学の油画専攻の1年の女生徒。二浪している。受験の時、矢虎と席が近く、トラブルを起こす。

夢崎(ゆめさき)

東京藝術大学技法材料研究室の助手。顎髭が生えていて猫背。

櫻井(さくらい)

東京藝術大学壁画研究室の助手。



盧生(ろせい)

東京藝術大学の1年油画専攻の担任の1人。長い黒髪でがたいがいい男性教師。

猫屋敷(ねこやしき)

東京藝術大学の1年油画専攻の担任の1人。若く小柄な女性。猫耳カチューシャのようなものをつけている。

槻木 蛇目(つきのき じゃのめ)

東京藝術大学の1年油画専攻の担任の1人。髪は長いストレート。

藍沢 彩乃(あいざわ あやの)

東京藝術大学の油画専攻の1年の女生徒。二浪した後、一年間多摩美に通っていた。語尾を伸ばす話し方をする。

村井 八雲(むらい やぐも)

東京藝術大学の油画専攻の1年の男生徒。自分の身近な人やモチーフを名画の登場人物に見立てたシリーズを描いている。



リアルで面白い!!『ブルーピリオド』の3つの見どころ(ネタバレあり)

ブルーピリオドの矢口八虎が森先輩が描いた天使の絵に心奪われるところ出典:「ブルーピリオド」、著者:山口つばさ、出版社:講談社

芸術の楽しいところも面白いところも辛いところも、すごくリアルに描かれる『ブルーピリオド』には、たくさんの見どころ存在します。

そんな数ある見どころの中でも特に注目してほしいポイントを3つに絞ってご紹介していきます。

矢口八虎の人間性がリアル

主人公の八虎が悩みながら懸命に芸術に向き合う姿にご注目して読んでいただきたいです。

1話の八虎はある意味、すごく個性がない人物です。空気を読むのが上手、人に合わせるのが上手で、あまり自分と向き合わずに生きてきた、趣味がない、平凡な高校生です。

正直八虎は、普通にエリートルートを進んだ方が成功するタイプの真面目な人だと思うのですが、そんな自分に何か虚しさを感じているんですよね。

なんとなくですが、現代社会でけっこう多くの人が同じように空虚さを感じながら生きているような気がします。八虎の気持ちに共感できる人は多いのではないでしょうか。

そんな、八虎が芸術と出会って初めて自分というものを少しずつ表現したり、自分と向き合って色々な面を探して行ったりする姿は、とても人間らしくて泥臭い。

だからこそリアリティがあって、かっこよく見えることでしょう。八虎が成長していく姿になんとなく希望を感じてしまうと思います。八虎の人間性とリアリティある葛藤にご注目ください。

芸術の奥深さが分かりやすく描かれている

そんな八虎の成長を通して描かれる芸術の奥深さにもご注目していただきたいです。

八虎は絵に関して全くの初心者。何をしたら上手く描けるのか、全く分からない状態です。なので、トライアンドエラーの繰り返し。

だから、周りの人達の助言でどんどん視点が変わり、絵の描き方を勉強していきます。悩むたびに新しいテクニックや考え方を身につけていく。

つまり、八虎が壁に当たるたび、芸術の奥深さが描かれるんですね。何気なく目を引き、素敵だなーと漠然と思っていた絵の細かな奥深さに気づくことができる。

テクニックや知識が事細かに描かれていても、なかなかすんなり理解できませんが、豆知識程度の情報が八虎が感じたままに表現されているので、スっと理解できるように思います。

八虎を通して芸術の奥深さを楽しんで読んでみてください。

八虎の将来、今後の展開・結末が気になる!

『ブルーピリオド』の今後の展開、八虎の将来がすごく気になります!

最初の八虎は、空虚な毎日を脱却したくて、そのきっかけを絵にもらって、芸術の世界に飛び込みますが、それから難関の国公立東京藝術大学、合格を目指すストーリーへと変化していきます。

根が真面目な八虎は、趣味程度の気持ちで芸術の世界に飛び込めず、だから目標として東京藝大合格を目指したと思います。言ってしまえば、藝大合格は受かるか、落ちるかの答えが存在している。

答えや達成するべき目標があるうちは、それが困難でも、八虎にとっては道が明確と言えると私は思うのですが、芸術の世界ってここからじゃないですか?

何を描くのか、何を描きたいのか、描いてどうするのか、そんな次の道こそ、芸術において本当に答えがなくて、八虎が1番悩みそうなところだと思うんです。

だから、八虎がどんな道を見つけるのか、彼の成長物語の続きがすごく気になります。今後の展開、結末に注目していきたいですね!

>>「U-NEXT BookPlace」を利用すると、『ブルーピリオド』1巻が無料で読めます!



芸術家の苦悩に共感する『ブルーピリオド』はこんな人におすすめ

リアリティある芸術ヒューマンドラマ漫画『ブルーピリオド』は、やはり悩んだり葛藤したことがある芸術家の方に特におすすめの作品となっています。

何かしら芸を身につける上で、葛藤したことがない人なんていないですよね?そんなの極一部の超天才くらいでしょう。

ストレスで炎症を起こすのを見て、私の場合は腱鞘炎だなーとか、テーマに悩む八虎にわかるわかると、とても共感してしまいます。

私自身、本職が絵描きだからかもしれませんが、こんなに他人事に思えないヒューマンドラマを読んだことがなくて、怖いくらいです。

八虎が心動かされる場面での共感具合はもう、すごく理解できる。心して読まないと共感しすぎて放心状態になってしまうかもしれません。ほんと気をつけてくださいね。笑

とても面白く、テクニック的にも精神的にも勉強になる漫画となっていますので、絵描き、芸術家の方、またそのような職を目指している方はぜひこの機会に『ブルーピリオド』をご覧になってみてください。

>>「U-NEXT BookPlace」を利用すると、『ブルーピリオド』1巻が無料で読めます!



管理人の思う『ブルーピリオド』が伝えたいこと(考察)

ブルーピリオドの矢口八虎が渋谷の街を描いている時のイメージ出典:「ブルーピリオド」、著者:山口つばさ、出版社:講談社

『ブルーピリオド』では、好きなことを努力する厳しさと楽しさを伝えたいように感じられます。

共感するポイントはたくさんありましたが、その中でも特に響いたのが『好きなことをやるって いつでも楽しいって意味じゃないよ』という言葉です。

ほんとまさにそうですよね、特につまづいてる時とかほんと。好きなことがずっと楽しいわけないですよ、それこそ趣味だったら違うと思いますが、好きなことに人生をかけるっていうのはそんなに簡単なことじゃない。

何かしら努力が必要で、壁の前で立ち止まって、乗り越えるために策を打つ。辛くても、好きだから努力できたりするんですけどね。

楽しいだけじゃなくて、辛いこともたくさんあって、それでも努力する泥臭いヒューマンドラマで、ほんとうに八虎に共感しまくりです。

人間の葛藤と成長がリアルに描かれたヒューマンドラマ漫画になっていますので、是非この機会に『ブルーピリオド』をご覧になってみてください。

>>「U-NEXT BookPlace」を利用すると、『ブルーピリオド』1巻が無料で読めます!



『ブルーピリオド』の評価まとめと感想

最後に記事執筆者の評価と他の漫画サイトからの評価をまとめてみました。

漫画を購入するときのひとつの指標として、よかったら周りの評価も参考にしてみてください。

当サイトの評価4.4(記事作成者の評価)
コミックシーモア4.7(139件の評価)
まんが王国4.4(7件の評価)
Renta!4.5(169件の評価)
BookLive4.7(107件の評価)
めちゃコミック4.4(189件の評価)

※それぞれ5段階評価となっています。

松帆 うら
松帆 うら

凄いですよこの漫画、超リアル。

読み返してみると八虎は今まで成績優秀で、世渡り上手に生きてきたのに、舞台が変わるとここまで自信がなくなるのか。

って思ったんですけど、そもそも元々自信家な自分を演じてたところがあって、ほんと人間臭いなぁと思います。

自分より凄い人を目の当たりにした時の絶望感とか、めっちゃわかる。。そうだよなーって共感がすごい。

画家を目指す主人公のヒューマンドラマだけあって、すごく刺さるものがありました。‬わたし自身、本職イラストレーターなので、こんな漫画は読んだことがないと思うほどリアリティを感じました。

正直読んでて、八虎の落ち込みポイントで自分に当てはまりそうなところは、なるべく感情移入し過ぎないように読みましたね。
(共感してしまったら落ち込んで、感情リセットするのに時間がかかりそう。笑)

絵描きさんは心して読んでくださいね!ほんと!でもやっぱり共感できるところも多くて、すごく面白いですよ!

もちろん絵描きさん以外の方にも、すごく共感できる内容になっていると思います!

この漫画はとにかく八虎の人間味、人間性がすごく時代に合ってて、どんな人が読んでも共感できると感じました。

人の考え方って時代によって結構違うと思いますし、これから先も変化していくと思いますが、八虎は現代の日本を生きるほぼ全ての人が共感できる性格、人間味を持ってると思います。

また、マンガ大賞をとった作品はアニメ化される作品が多いので、映像化にも期待しています。ぜひこの機会に『ブルーピリオド』をご覧になってみてください!

『ブルーピリオド』が気になる人におすすめの類似作品

『ブルーピリオド』に興味がある方におすすめの、悩みを抱えてもがきながら生きる姿や、夢を追いかけて努力する漫画をご紹介したいと思います!

1つ目の作品は、『性別「モナリザ」の君へ』です。

男女どちらでもない無性別者の主人公と、主人公を好きな幼馴染の男女の三角関係を描いたSF恋愛漫画『性別「モナリザ」の君へ』。

12歳から14歳の間に自分がなりたいと思う性別へと変化する世界で、主人公のひなせは17歳の高校3年生になっても無性別なまま生きていました。

そんなある日、幼馴染みの男女2人から告白されたことがきっかけとなり、身体に変化が起こります。身体の変化にも、恋愛という感情にも気持ちが追いつかないひなせは悩みながらも、少しずつ自分の変化に向き合っていきます。

SFミステリーの要素が強く、恋愛がメインのお話なのですが、どうにもならない複雑な悩みや、苦しみながらも自分と向き合っていく姿に感情を揺さぶられる作品です。

『ブルーピリオド』の複雑に悩みながら成長していく姿に心動かされた方は、ぜひ『性別「モナリザ」の君へ』もご覧になってみて下さい。

性別「モナリザ」の君へ。
『性別「モナリザ」の君へ』漫画のネタバレ感想!どっち?無性別者の複雑な三角関係…『性別「モナリザ」の君へ』漫画のネタバレ感想!どっち?無性別者の複雑な三角関係…男女どちらでもない無性別者の主人公と、主人公...

2つ目の作品は『ランウェイで笑って』です。

パリコレモデルを目指す身長158cmの低身長モデル、藤戸千雪と、同級生で家族を養うためにファッションデザイナーになる夢を諦めようとしていた、都村育人が出会い、夢を追いかけるヒューマンドラマ漫画『ランウェイで笑って』。

2020年にアニメ化もされたこの作品は、夢を諦めずに努力し続けていく2人の主人公たちがとても眩しくて、背中を押されます。

また、ファッションに特化している漫画なので、ファッション業界の知識などを知ることができます。絵を描くときのファッションの知識としても役立つ情報があります。

『ランウェイで笑って』は講談社の漫画アプリ『マガポケ』にて毎週最新話が更新されていて短話買いできるのですが、私自身、毎週最新話を追っているほどオススメの漫画です!

絵とファッション業界は似たところもあり、夢を追いかける勇気が欲しい方は、ぜひ『ランウェイで笑って』をご覧になってみて下さい。

ランウェイで笑って
アニメ化『ランウェイで笑って』少年誌では異例のファッション漫画のネタバレ感想アニメ化『ランウェイで笑って』少年誌では異例のファッション漫画のネタバレ感想ファッションという少年漫画では奇抜とも言えるジャ...



スペシャルサンクスより、協力者のご紹介

美術部員が描いた絵、予備校の生徒が描いた絵など、『ブルーピリオド』には沢山の絵が登場します。どれもちゃんと描かれているものですので、作者のお名前をここに記載させていただきます。

担当作品の説明などは省略させていただきますが、どれも素晴らしいので、ぜひ漫画内でお楽しみください!(1巻から順に記載。)

1巻に登場した絵を担当した作者の方々

  • 灯まりもさん
  • 相川西さん
  • サキマイコさん
  • 佐藤アスマさん
  • 斎藤大瀬さん
  • 八雲さん
  • 大塚千春さん
  • 夏井萌子さん
  • 鈴木日陽里さん
  • 稲葉乃愛さん
  • 稲葉俊介さん
  • 堀内真紀子さん
  • 松浦美桜香さん
  • 菅原伊織さん
  • 今本章さん
  • 七戸きのさん
  • 可児貴子さん
  • 川名泰夢さん
  • 臼田貴斗さん
  • 岩津光洋さん
  • 板倉勇人さん
  • ena新美より 大橋さん、阿部先生、鷹取先生
  • 総合芸術高校より 萩原先生

 

2巻に登場した絵を担当した作者の方々

  • 斎藤大瀬さん
  • 上竹真菜美さん
  • 山崎裕乃さん
  • 山道翔太さん
  • 茂木たまなさん
  • 夏井萌子さん
  • 谷本めいさん

 

3巻に登場した絵を担当した作者の方々

  • 山道翔太さん
  • 盛田亜耶さん
  • 鈴木葉月さん
  • 灯まりもさん
  • 枝史織さん

 

4巻に登場した絵を担当した作者の方々

  • 山道翔太さん
  • 夏井萌子さん
  • 山崎裕子さん

 

5巻に登場した絵を担当した作者の方々

  • 夏井萌子さん
  • 山道翔太さん
  • 中島武瑠さん
  • 内田早紀さん
  • 大川はるさん
  • 赤嶺明美さん
  • 荒井郁美さん

 

6巻に登場した絵を担当した作者の方々

  • 大塚千春さん
  • 茂木たまなさん

 

7巻に登場した絵を担当した作者の方々

  • 川田龍さん
  • 森山あきさん
  • 本山智香子さん
  • いけだるりこさん

 

ABOUT ME
松帆 うら
松帆 うら
イラストレーターの松帆うらです* 漫画が大好きで、『漫画が酸素』書店ライターをしています。同じ漫画が好きな方みな同士だと思ってます!!漫画の内容だけでなく、作者さんのこと、メディア化情報など、漫画に関わる様々なことを含めて、漫画の面白さを伝えたいです!
お得な漫画情報!!

記事を読み終えたあなたへ

アプリで無料で読めるオススメ作品集!

(※それぞれの作品は、期間によっては配信が終了している可能性もございます。)

大人漫画の宝庫『マンガTOP1周年記念フェア



また「20」ものマンガアプリを徹底比較して、おすすめ順にランキングにまとめました!

漫画好きなら絶対に、絶対に、入れておきたいマンガアプリが一目で分かるようになっているので、漫画をアプリで無料で読みたい方は必ずご覧ください!!

ランキングを特別に一部公開…!!

5位:少年ジャンプ+

4位:マンガワン

3位:サンデーうぇぶり

2位:マンガ〇〇〇

1位:〇〇〇〇〇〇〇

↓下の女の子をクリックしてランキングを見る↓

無料マンガアプリランキング

 

『漫画が酸素』書店

公式LINEはじめました!

数多くの漫画を読んできた私たちが「LINE」で

特におすすめしたい作品!

最新の人気漫画情報!

無料で読めるお得な漫画!

公式LINE登録者限定の週末おすすめ三作品!

などをあなたの元にお届けします!

また何かしらのメッセージを送るとランダムにおすすめ漫画が紹介されるので、

1日1回の運試しとして、漫画をおすすめされてみてください!笑

配信頻度もまったりですので、気軽にお友達になってもらえたら嬉しいです☆

下の画像をクリックして早速、友達追加お願いします!



関連漫画