【保存版】絶対に入れておきたいマンガアプリ9選
SF・ファンタジー

『無能なナナ』読者の予想を超裏切る知略サスペンス漫画のネタバレ感想

無能なナナ
※注)
『漫画が酸素』書店に記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。


また当サイトで掲載されている漫画のキャプチャは、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために、また解釈や批評を行うために引用させて頂いています。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項・プライバシーポリシーよりお問い合わせください。

『無能なナナ』読者の予想を超裏切る知略サスペンス漫画のネタバレ感想

 

読者の予想をことごとく裏切る正義と悪の知略サスペンス漫画である『無能なナナ』。

表紙や雰囲気、はじめのキャラクターたちからは全く想像もつなかい衝撃すぎるストーリー展開に人気が殺到。さらに”人類の敵”の正体、主人公の柊ナナの正体、伏線まみれの壮絶な心理バトルは驚かない人がいないほど濃すぎる物語となっています。

読めば衝撃を受けること間違いなしの『無能なナナ』のあらすじや登場人物、見どころをネタバレや感想を含めてご紹介していきます。

 

読者の想像を超え続ける『無能なナナ』のあらすじ

無能なナナの柊ナナの登場シーン出典:「無能なナナ」、原作:るーすぼーい、作画:古屋庵、出版社:スクウェア・エニックス

読者の想像を超え続けて人気を博している『無能なナナ』の設定やあらすじをはじめにご紹介していきます。

表紙やはじめの展開からは想像もつかない物語が始まるので、是非あなたも単行本で読んでみてください。

作品の設定や概要

  • 原作:るーすぼーい
  • 作画:古屋庵
  • 出版社:スクウェア・エニックス(月刊少年ガンガン)
  • ジャンル:SF・ファンタジー、ミステリー・サスペンス

設定として、特別な能力を持った少年たちは「人類の敵」と呼ばれる怪物と戦うために、俗世間から隔離され特別な学園で特別な訓練を受けている。

「敵」は今から50年ほど前に地球に到来し、人の世にまぎれ命を脅かしていると学園では説明されている。

能力者の能力は底知れないものであり、体の成長とともに能力まで変化する者もいる。

あらすじ

絶海の孤島にある学園。そこでは特殊能力を持った能力者たちが”人類の敵”を対抗すべく訓練に明け暮れていた。

そこに自称”人の心を読む”能力を持つ柊ナナが「人類の敵抹殺」を胸に転校してきた。そして、彼女の転校を機に”人類の敵”とのバトルが影ながら勃発する…。



強すぎる能力者で溢れる『無能なナナ』の主なキャラクター

能力者が集まる孤島が舞台となっている『無能なナナ』では、強すぎる特殊能力を持ったキャラクターで溢れています。

そんな物語のカギを握る能力者たちをご紹介していきます。

柊ナナ(ひいらぎ なな)

自称”人の心が読める”能力者。しかし、空気は読めない明るいキャラクター。

頭の回転がとても速く、どんなに疲れていてもあらゆく策謀を巡らせる。また政府の人間によって管理されている様子も描かれている。

父と母と歳の離れた兄がいたが、物心つく前に兄は家を出ており、両親は”人類の敵”によって殺されている。そのため”人類の敵”を憎んでいる。

子どもの頃は将棋や囲碁やチェスや漫画が好きな普通の女の子だった。おはじきを使った自作の陣取りゲームも考案するほど頭が良かった。

中島ナナオ(なかじま ななお)

  • 推定殺害人数:100万人
  • 能力:人の能力を無効にできる
  • 弱点:不明

都会から絶海の孤島の学園に転校してきた男子生徒。ナナオは人と違う裕福な家庭に育っており、学園に入園する際に父親から「トップを取ってこい」「どんな場所でもリーダーと呼ばれる男になれ」と言われている。

父親の言いなりで学園に来たが、父親のことを心の奥底では尊敬している。

そのため、はじめの自己紹介で「リーダーになってみんなを守りたいです」と言ったが他の者と違い優れた能力がないため、モグオなどからいじめられている。

小野寺キョウヤ(おのでら きょうや)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:不死
  • 弱点:不明

柊ナナと同じタイミングで転校してきた暗い表情の人物。

古いゲームが好きで普段オラついているため友達が少ない。しかし、猫に温めたミルクをあげるなど優しい一面もある。気になることがあると夢中になる性格をしている。

キョウヤには能力を持った妹がいて、自分より先に島の学園に来ていたが音信不通で行方不明となっている。そのためキョウヤは能力者が集まる学園の島になにかあると思って探っている。

頭の回転が速く、事件の真相を素早く察知する。また常に柊ナナを警戒している。

犬飼ミチル(いぬかい みちる)

  • 推定殺害人数:15万人
  • 能力:治癒
  • 弱点:治癒するのに寿命を縮める・舌で届く範囲しか治癒できない

舌で舐めれば皮膚や筋肉、その奥の内臓から流れ出た血液も含めてあらゆる損傷を回復させる能力を持っている優しい女子生徒。自分の身体も治せるが、舌の届く範囲のみ。

犬のような愛らしい人物で、人の名前に「ちゃん」付けするときは「しゃん」になる。

ミチルの夢は医者になること。はっきりとした外傷しか治せないため、病気や毒物でも治せるように医者を目指している。



飯島モグオ(いいじま もぐお)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:火炎使い
  • 弱点:不明

火炎を出す能力を持っていて、横暴で力が強くクラスの番長的な存在。横暴だが、モグオを慕っている男子も多い。

郡セイヤとは能力も対称的であり、よく衝突する。また柊ナナに好意を抱いている。

郡セイヤ(こおり せいや)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:氷使い
  • 弱点:不明

いつもキラキラと光っていて容姿端麗で女子に人気の生徒。なんでも凍らせることができる強い能力を持っているが、人は凍らせることができない。

嘘を示すサインがわかりやすい。

飯島モグオとは能力も対称的であり、よく衝突する。

渋沢ヨウヘイ(しぶさわ ようへい)

  • 推定殺害人数:80万人
  • 能力:時間遡行
  • 弱点:時間を戻れるのは1日ほど・体力をかなり消耗する・人に見られると強制的に現在に戻る

時間を止められる能力を自称していて、学園最強の能力者と噂される人物。ご飯を食べるのが遅い人とご飯どきにうるさい人、飯粒を残す人が大嫌い。

紳士的な言動を常にしていて、さらに正義感も強く世界のあらゆる悪を駆逐したいと考えている。

しかし、自分のことを唯一絶対正義と語っている危険な思考も見られる。

葉多平ツネキチ(はただいら つねきち)

  • 推定殺害人数:50万人
  • 能力:予知夢
  • 弱点:見たい未来を予知できるわけではない・1晩で予知の念写で5枚

予知夢を見て、それをカメラに念写する能力を持っている男子生徒。未来はどうがんばっても変わらないとわかっているため「マジ運命やべぇ」というのが人生の決めセリフ。

未来を予知できるすごい能力を持っているため横暴な性格をしている。



佐々木ユウカ(ささき ゆうか)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:怪力(自称)
  • 弱点:不明

指1本で心臓に風穴をあけると冗談めかしている怪力能力者。「明るくていい人」と犬飼からは評価されている。

シンジのことが大好きで、シンジが暗い悪い人間であるとみんなに誤解されないように良い面を伝えている。

シンジとは同じ町で育っていて、家も隣で学校も一緒だった。

風間シンジ(かざま しんじ)

  • 推定殺害人数:30万人
  • 能力:死体操作(自称)
  • 弱点:生前に触ったものが必要・死体は日光に当たると動かない

クラスでも影が薄い存在の能力者。死体を自由に操れる能力を持っていて、死体を通して周りを見ることも死体の記憶を引き出して持っていた能力を使うこともできる。

昔から短気で、自分のことを頭がいいと思っていた。そしてプライドも高いので、テストで98点を取っても100点でないことに切れるような性格をしていた。

羽生キララ(はぶ きらら)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:唾液を毒に変える
  • 弱点:定期的に蛇やカエルなどの生で食べないといけない

黒ギャルのような見た目の女子生徒。唾液を毒に変えることができ、男を痺れさせたりすることもできる。相方のカオリと一緒に犬飼をいじめていた。

高梨カオリ(たかなし かおり)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:瞬間移動
  • 弱点:不明

羽生とよくつるんでいて、犬飼をいじめていた女子生徒。短距離瞬間移動の能力を持っていて、島の反対側ほどまでなら飛べると自称していた。



空野フウコ(そらの ふうこ)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:大気を操り攻撃できる
  • 弱点:室内ではうまく使えない

石井リュウジと長年に渡ってお付き合いしている女生徒。糸目なのが特徴的。

大気の空気を圧縮して飛ばすことができ、とても強力な空気の斬撃を放てる。しかし、風通しの良い場所でなければうまくいかないため、室内ではうまく能力が使えない。

石井リュウジ(いしい りゅうじ)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:自身の体を小さくできる
  • 弱点:不明

空野フウコと付き合っていた男子生徒。ギャグが得意なためクラスの人気者であり、氷使いの郡セイヤよりもモテていた。

自身の体を小さくする能力を持っていて、やろうと思えば毛穴の中に入れるサイズまで小さくなれる。

鶴見川レンタロウ(つるみがわ れんたろう)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:幽体離脱
  • 弱点:不明

モグオを慕っている男子生徒の1人。幽体離脱をする能力を持っていて、身体から意識のみを遠くへ飛ばすことができる。

また幽体の状態でも物に触れたり動かしたりすることができる。

橘ジン(たちばな じん)

  • 推定殺害人数:不明
  • 能力:動物や人間に成りすますことができる(能力者であれば能力もコピーされる)
  • 弱点:能力者をコピーすると能力だけでなく弱点までも引き継ぐ

現在島の学園に通っている生徒たちの先輩にあたる能力者。5年前の学園では、誰が1番強い能力者であるかを決めるために自然に殺し合いが始まった。

その結果、自分1人が生き残ったが、政府の謎の対応に疑問を抱き、島に戻って動向を探っている。



面白すぎる『無能なナナ』の見どころ3選(ネタバレあり)

無能なナナの人類の敵を説明する先生と小野寺キョウヤ出典:「無能なナナ」、原作:るーすぼーい、作画:古屋庵、出版社:スクウェア・エニックス

読者の予想を裏切るストーリー展開や”人類の敵”と”人類”のバトルなど見どころに溢れる『無能なナナ』ですが、今回は特に注目してもらいたいポイントを3つに絞ってお伝えしていきます。

(あまり深くネタバレをしてしまうと読んだ時の感動を減らしてしまう可能性があるため抽象的にお伝えします。)

人類の敵の正体

『無能なナナ』では、1巻の中盤で明かされる”人類の敵”の正体に衝撃を受けます。

都市を破壊し、殺戮の限りを尽くす”人類の敵”。そんな敵を倒すために特殊な能力を持った少年少女が島に集められて訓練をしているのですが、読者の予想を超える人類の敵の正体にただただ驚かされ、物語の全貌が明らかになります。

常に核兵器のような強力な力を携えている”人類の敵”の正体、そしてその敵に政府や人類がどのように立ち向かっていくのかを是非読んで驚いてみてください。

柊ナナの正体

『無能なナナ』の主人公である柊ナナの正体も見どころとなっています。

天然そうな性格で漫画のヒロインらしいキャラクターである柊ナナ。人の心を読むことができる能力を持っていて、中島ナナオの隠れたリーダーシップを見抜いた優しく可愛らしい人物のように見えますが、その正体に度肝を抜かれます。

人一倍”人類の敵”を憎み、一気に本性を見せるナナは”人類の敵”の正体に引き続き、読者に驚きを与え続けてくれます。

『無能なナナ』を読むときは、柊ナナの行動すべてに注目して一瞬も見逃さないように読むことをおすすめします。

人類の敵VS人類の秘密裏に行われるバトル

『無能なナナ』の1番の見どころはやはり”人類の敵”と”人類”の壮絶なバトルです。

空を飛んだり、炎を出したり、あたりを一瞬で凍らせるような人智を超える力を持った”人類の敵”に対して”人類”が知力を尽くして戦うのですが、伏線まみれの相手の裏をかいた人類の攻撃に、読者も裏をかかれ興奮すること間違いなしです。

常に人類が危機的な状況に陥りながらも機転を利かせて”人類の敵”を始末していくため、ページをめくる手を止めることはできなくなります。

読者の予想の斜め上を行く衝撃の展開の連続に、永遠と楽しむことができ、読み返してみても多くの伏線に感動する作品となっています。

『無能なナナ』の壮絶なバトルは是非、2度3度と読んでみてください。

>>『無能なナナ』を無料で読みたい方はこちらのサービスがおすすめ!



すごいと話題の『無能なナナ』はこんな人におすすめ

『無能なナナ』は予想を超える展開の連続で、多くの人が興奮させる漫画ですが、特に心理バトル系の漫画が好きな方には是非ともおすすめしたい作品です。

物語では意味深な描写が数多く描かれており、それらすべてが後の展開で回収されていくため、読んでいて「あっ、そういえば、そのシーンあった!」や「あそこの場面はこれだったのか!」とモヤモヤを晴れてすっきりした気持ちを味わうことができます。

また張り巡らされた伏線から、次の展開を予想する(かなり難しいと思いますが…)のも心理戦バトル漫画が好きな方にはたまらなく楽しめると思います。

また予想や期待を裏切るストーリー展開の連続で、何度も雷に打たれたような衝撃を受けるほど面白いので、是非多くの方に『無能なナナ』を読んでもらいたいです。

>>『無能なナナ』を無料で読みたい方はこちらのサービスがおすすめ!



管理人の思う『無能なナナ』が伝えたいこと(感想)

無能なナナの中島ナナオと柊ナナ出典:「無能なナナ」、原作:るーすぼーい、作画:古屋庵、出版社:スクウェア・エニックス

『無能なナナ』は、自分に不釣り合いな力を使うことの恐ろしさを伝えたいように感じられます。

多くの能力者が登場する物語ですが、強力な能力を持っている人ほど自己に過信して油断したり、傲慢になってしまう姿が描かれています。逆に力のない者の方が、常に考えを巡らせて諦めず努力をするのです。

そのような登場人物の姿から自分の持っている力に慢心したり、その力に驕ることがどれほど危険で愚かなのかが伝わってきます。

『無能なナナ』は、強力すぎる力の危険性が核兵器などに例えられていて、現代社会の危険性なども伝わってくる考えさせられる作品でもありますし、ストーリー構成や緻密なバトルが読者を楽しませ続けてくれるので、是非とも多くの方に読んでもらいたいです。

>>『無能なナナ』を無料で読みたい方はこちらのサービスがおすすめ!




ネタバレだけじゃ物足りない…
この作品を読んでみたいけど、お金をかけて読む自信がない…

という方は下のページで紹介しているサービスを利用すれば、約5巻分ほどの漫画を無料で読むことができます。

素敵な漫画との出会いがお金が原因で妨げられるのはもったいないので、是非サービスを利用してお金をかけずに漫画を読んで楽しんでみてください!


>>マンガ約5冊分が無料で読めるお得すぎるサービスはこちらから!




さらに現在はマンガアプリが非常に多く存在していて、アプリを使うとマンガが驚くほど無料で読めてしまいます!

下のページでは、数あるアプリの中でも『漫画が酸素』書店がおすすめするマンガアプリを9個厳選して紹介しています。

マンガ好きなら絶対に入れておきたいアプリですので、そちらも合わせてご覧になってみてください。
あなたの気になる作品も実はアプリから無料で読めてしまうかもしれません!


>>【保存版】こんなに無料で読めるの⁉絶対に入れておきたいマンガプリ9選!


ABOUT ME
夜
『漫画が酸素』書店の統括する管理人の夜と申します。 漫画が酸素な人間で、月に100冊以上漫画を読んでいます! 世界で1番好きな漫画は『神之塔』で、よく読む漫画のジャンルは、デスゲーム、SF、ギャグ、ファンタジー、心理戦系です。 漫画選びに役立つような漫画紹介を目指していきます!

『漫画が酸素』の管理人の私が選びます!

漫画が酸素な人間
管理人の「夜」
月に100冊以上漫画を読む『漫画が酸素』書店の管理人の「夜」と申します! 『漫画が酸素』書店では、良質で適度な漫画のネタバレを配信して、あなたの漫画選びをお手伝いしていきます^^
\ Follow me /

最新の記事はこちら☆